看護師の給料は上がりにくい?転職で年収アップする方法!

初めての初任給に胸を躍らせた20代前半。
看護師は初任給から20代までは他業種に比べて給料が高いと言われています。

看護師
しかし、30歳に近づくにつれて昇給スピードはグンと減速し、気が付けば他業種に収入が追い越されているなんてことも。
給料の悩みを解決するためには資格取得の他に、転職しかありません。
今回は看護師の給料アップのための転職方法をご紹介します。


看護師の給料は上がりにくい

看護師の給料はなぜ上がりにくいと言われているのでしょうか。
ここでは看護師の給料の実態に迫ります。

20代後半から30代にかけて昇給スピードは減速

看護師の初任給は400万円と高めです。他業種の初任給平均300万円と比較すると100万円の差が生じてします。
しかし、30代に近づくにつれてその差は徐々に縮まり、30代を過ぎると追い越されてしまいます。
看護師の平均初任給が400万円なのに対してピークは平均550万円と、どれだけ昇給しても年150万円の差です。
30代を過ぎると家庭を持つ看護師の方も多いでしょう。それを考慮するとほとんど昇給することなく、むしろ下降の一方をたどってしまうのです。

病院によって給料に差が出る

しかし、全ての病院でこのような現象が起こるわけではありません。勤務年数を積めばしっかり昇給する病院もありますし、反対に全く昇給しない病院もあります。
例えば同年代、同じ仕事内容、同じ働き方でも、職場が異なるだけで月収に10万円以上の差が生じているのも事実です。
初任給は変わらないものの、勤務年数を積めば積むほど給料に差が生じるなんて、これまでの苦労を返してほしい気持ちになりますよね。


給料をアップさせる3つの方法

給料をアップさせる3つの方法をご紹介します。

① 訪問看護師として病院以外で働く

訪問看護は看護師が患者さんの自宅を訪問して看護を行う仕事を指します。
なぜ訪問看護が給料アップにつながるのかと言うと、時間外手当オンコール手当が充実しているからです。
日勤のみなので、家庭と両立させたい方にもピッタリの仕事です。

② 看護系専門資格を取得する

認定看護師・専門看護師資格

看護系専門資格にも様々な資格がありますが、特に人気なのが認定看護師資格専門看護師資格です。
これらの資格を取得していると業務の幅が格段に広がりますし、将来管理職として看護部全体を取りまとめる際にも必要な資格です。
認定看護師は21分野、専門看護師は11分野で構成されています。
認定看護師は医療の知識や技術に特化した内容で、専門看護師は症状ごとの患者さんや家族との付き合い方に特化した内容になっています。

その他の資格

看護師資格を取得していれば、介護福祉士、保健師、助産師、治験コーディネーターなどの資格も取得可能です。これらの資格を取得していると、病院以外のフィールドで、且つ看護師以外の職業として働くことができます。
「新しい職業で1からキャリアを積むのって大変じゃない?」と考える方もいるかと思いますが、これらの職業でも看護師としての経歴を活かすことができるので心配することはありません。
実際に看護師の方が資格を取得し、現在病院以外で働いている方も多いのです。

③ 給料の上がりやすい病院に転職する

「初めての転職で場所を変えたり、職業を変えたりするのはなんとなくもったいない気がする…」そのような方におすすめなのが、別の病院へ転職する方法です。
ハードルが低く、これまでの経歴を活かしながら働くことができます。先にご紹介した2つに比べて、入職後の変化やストレスも感じにくいでしょう。


給料アップには転職のタイミングが大切

給料アップには転職のタイミングが大切です。いつまでも悩んでいたら、給料アップできるものもできなくなってしまいます。

看護師は年を重ねるごとに転職に不利になることも

看護師は年を重ねるごとに転職に不利になることもあります。
その理由はできるだけ若い看護師を採用して、長く働いて欲しい、仕事のスタイルが確立されきっていないため柔軟に仕事を覚えてくれるなどの理由が考えられます。
何より、「もっと高い給料で働くことができるのに、いつまでも満足いかない給料で働いているあなた自身」が一番後悔すると思います。
人手不足の看護業界。他業種に比べればどの年齢の方も転職しやすい業界なので、怖気づかず転職に踏み切りましょう。

転職すれば給料は上がる

30代のうちに転職をしておけば、「実務経験も積んでいて即戦力になる」という理由で歓迎されることもあるでしょう。その際、ただ単に転職活動を行えばいいという訳ではありません。給料アップのためにはポイントがあるのです。

規模の大きな病院で給料交渉を行う

まずは規模の大きな病院を見つけることです。
規模の大きな病院はクリニックや小規模な病院よりも患者さんやベッド数も多く、儲かっていることが多いです。規模が大きい病院ほど看護師が足りていないところも多いので、給料アップを目指している看護師の方は転職のチャンスです。
そのような病院は、給料交渉次第でさらに収入を増やすこともできます。月に1万円増えただけでも年収にすると12万円です。定年までの30年を考えたら400万円近く収入の差が生まれると考えれば、給料交渉はしておきたいところです。


高給与求人は転職サイトで探しましょう

「規模の大きな病院と言ってもいろいろあるし、給料だけで選んだら入職後に後悔しそう…」と不安を抱いている方もご安心ください。
看護師専用の転職サイトを利用すれば、高収入かつ好条件の医療機関を紹介してもらうことができます
転職活動を一人で行うのは心細いですよね。
そんな方も転職コンサルタントは、求人紹介はもちろん、履歴書の書き方や面接のアドバイスなど事細かに指導してくれます。
高給与求人の多い転職サイトについてはこちらの記事をご覧ください。
⇒『高給与求人の多い転職サイトランキング