夜勤の悩みを克服し看護師を長く続けるポイント

夜勤、看護師

看護師さんが高収入を得るために夜勤は欠かせません。しかし、夜勤シフトの労働環境に想像以上のつらさを感じている方もいるのではないでしょうか?
収入をとるか、心身の余裕をとるかの選択で悩む看護師さんは多くいらっしゃいます。今回は、夜勤シフトで働くあなたの悩みを軽減させる解決方法をご紹介します。


看護師さんが抱く夜勤の悩み

夜勤は一般の方と生活リズムが大きく変わります。睡眠のゴールデンタイムが夜22時~26時と言われている中、あなたはその時間帯に働いているわけです。多少なりとも身体に影響が及んだり、これまでの生活に変化が生じますよね。
まずは、看護師さんは夜勤のどのような点で悩むのかを具体的にご紹介します。

残業が多い

夜勤は救急患者の方の対応に追われがちです。それもそのはず、夜勤シフトは日勤に比べて「人員が少ない」上に、「歴の短い看護師さんは率先して急患対応を行う」という暗黙のルールがあるからです。
そのため、急患対応を行うと普段の業務・日勤への引き継ぎに加えて、患者さんの記録、点検、整理があり、定時に上がることは滅多にできません
すぐに帰宅できないストレスや睡眠不足から深刻な悩みに発展する看護師さんが多くいらっしゃいます。

責任者がいない

夜勤シフトでは、主任や看護部長などの責任者がいない日もあります。夜勤は患者さんの容態が悪くなりやすい時間帯です。責任者がおらず人員の少ない夜勤シフトでは、プレッシャーがかかりやすく、責任の重さで悩む看護師さんもいるかと思います。
普段リスクマネジメントをしていても予測できない事態は発生します。そのようなプレッシャーに耐えられないことが夜勤シフトの悩みの1つなのです。

休憩が取れない

人員が少なく、いつ緊急事態が発生するか予測できない夜勤。休憩が取れず、「気づいたら勤務時間が終わっていた!」という方も少なくありません。
責任感が重く緊張感の漂う雰囲気の夜勤。一緒に勤務する夜勤パートナーによっては遠慮してしまい、なかなか休憩が取れないなんてことも。

夜間不穏患者の方の対応が難しい

認知症患者の方、オペ後の患者さんに多い症状が、夜間不穏やせん妄です。コミュニケーションの取り方や、どこまで身体を拘束させればいいのか、薬を使用すればいいのかの判断が難しいのが夜勤ナースの悩みでもあります。全更衣を行う、シーツを交換するなど不測の事態に涙を流す看護師さんも多いでしょう。
入院する患者さんの快適に就寝できる環境を整えることも夜勤の役目です。

当直医師への報告にプッシャーを感じる

夜勤の時間帯は医師は病院内にはいますが、看護師さんとは異なり当直扱いとなります。当直医師は何をしているかというと、患者さんに急変が起きるなど、緊急事態が起きない限り基本的に仮眠をとっています。
どこまでの状態で当直医師に報告すればいいのか悩む看護師さんも多いのです。コール条件に引っかかっていなければ「なぜ報告したんだ!」と怒りをあらわにし、かといって手遅れになってしまえば一大事です。
当直医師への報告にプレッシャーを感じることも夜勤看護師さんの悩みの1つなのです。


夜勤がつらい場合の対処法

看護師、解決

夜勤看護師さんは日勤とは異なる悩みを抱いています。先ほどご紹介した悩み以外にも多くの悩みが寄せられます。悩むのはあなた一人ではありません。
しかし、何十年も夜勤シフトに入りながら仕事を続けている看護師さんもいらっしゃいますよね。その方は夜勤シフトに入るときに意識しているポイントがあるのです。また、「夜勤」から離れた働き方をしているベテラン看護師さんも。
今回はベテラン看護師さんに聞く、「夜勤の悩みを克服して看護師を長く続けるポイント」をご紹介します。

夜勤前の食事は摂りすぎないようにする

まず、夜勤前の食事は執りすぎず軽食を心がけることです。3交代制の看護師さんは24:30から翌朝の9:00まで、2交代制の看護師さんは16:30から翌朝の9時まで。特に2交代制の看護師さんは、約17時間に及ぶ勤務で長丁場になります。
立ち仕事、力仕事で次の休憩までにはお腹が空っぽという方もいらっしゃるとは思いますが、食事は腹8分目を心がけましょう。胃もたれすると眠気はもちろん、体調が悪くなることも。
過酷な夜勤を乗り切るためには、がっつり食べるというよりも「獲りすぎないこと」がポイントです。

夜勤中は15分でも仮眠をとる

夜勤に入っている方の中に「少し休むと余計身体がだるくなっちゃいそう…」と杞憂して、休憩をとらない方もいるかと思います。しかし、この少しの時間休憩することで作業効率がグッと上がります
特に仮眠は15分でもとりましょう。短時間でも横になって目を閉じるだけでも効果があります。

夜勤明けは十分な休息を取る

夜勤後はすぐに帰宅して、身体を休めましょう。安心感から目が冴えてしまうかもしれませんが、だらだら起きていては次の出勤までに疲労が回復しないどころか蓄積する一方です。
湯船にゆっくり浸かり、長時間眠れる方はカーテンを閉めてリラックスした格好で眠りましょう。
次の出勤までに時間がない方も1~2時間は仮眠しましょう。次回出勤までの疲労度が大きく変わります。1日に溜まった疲労はその日のうちに解消することを心がけてください。

上司に勤務形態を相談する

上司の方に勤務形態を変更できるか相談してみるのも一つの手です。夜勤は生活リズムが大きく変わり、心身ともに疲労が溜まります。身体が弱い方は一度体調を崩すと大事に至ることも。そうなる前にまずは現在の働き方を見直しましょう
健康面だけでなく、家族の問題もそうですよね。特に小さなお子様がいる家庭では旦那様に負担がかかり、家族問題にまで発展します。仕事だけに打ち込むのはあまりお勧めできません。ご家族でよく話し合い、働き方を見直してみましょう。それを踏まえて上司に日勤専従シフトに変更できるか相談することをおすすめします。

夜勤のない医療機関へ転職する

現在お勤めの病院で日勤専従シフトに変更できない場合は、夜勤のない医療機関への転職をおすすめします。最近は減りましたが、夜勤シフトに入れなければ正社員として採用されない病院もあります。
夜勤なしで正社員として働く場合、次のような選択肢が挙げられます。

  • クリニック
  • デイサービス
  • 訪問看護師
  • 健診センター
  • 美容整形外科
  • 治験コーディネーター

病院以外で働くという選択です。これらのほとんどの医療施設が夜勤なし、残業なしで正社員として働くことができます。しかし、夜勤でバリバリ働いていた方がいざ転職してみると、物足りなさを感じることも。
受付や電話対応、雑務、雑務、時には営業をすることもあります。看護の仕事に専念できず、スキルアップや給料アップが見込みにくいというデメリットがある点も頭に入れておきましょう。

夜勤なしの医療機関に転職する方法についてはこちらの記事をご覧ください。
⇒『看護師の転職!夜勤なしで働くと給料は下がるの?


まとめ

看護師、やりがい

夜勤看護師のあなたは、一般の方と生活リズムも異なれば仕事の悩みも多く抱えています。しかし、人々が健康を維持するために看護師さんは欠かせない存在です。
あなたは何にやりがいを感じて看護の仕事をしていますか?「患者さんから感謝されることにやりがいを感じる」、「ナース仲間と愚痴を言いながらも笑顔になれる瞬間がある」など、些細なことでも看護師になってよかったと思える瞬間がありますか?
「はい」と答えた方は、きっと看護師が天職です。もっと胸を張ってお仕事しましょう。今回ご紹介した内容で、あなたの悩みを少しでも和らげるものがあれば幸いです。