復職を考えている看護師の方へ

今では共働きで生活を送る夫婦も珍しくなくなりました。
一昔前は、旦那は外で働いて女房は家で家事をする、なんてことが当たり前だったのですが、
この立場が完全に逆転した夫婦なんかもあり、この常識は今では通用しないものになっています。
そして若いころは看護師としてばりばり働いて、いろんな患者の医療に携わってきたものの、
結婚、出産を機に離職。そのまま子育てに追われる…という看護師はとても多いです。
看護師がどうして離職率のたかい職業なのか。それは結婚や出産があるからに他なりません。
女性が携わる割合の多い仕事、それが看護師です。
結婚や出産を機に仕事を離れてしまう女性がいるのは仕方のないことなのでしょうか?
128714


子育てがひと段落してから現場にカムバックする看護師

a096922そんな中特に多くなっているのが、一度は現場を退いたが、前ほど子供に手がかからなくなったので現場に戻ってくる看護師
そんな方はもちろん自分は前のようにバリバリと現場で活躍したい気持ちがあるものの、移り変わりが激しい医療現場。
長い休みをもらっていたことによって自分は前のように自分の実力を医療現場で発揮できないのではないか。
以前のように患者と接することができないのではないか。そんな不安を抱いている方も多いはず。
一年や二年、あるいはもっと早いスピードで進歩しているのが医療現場の施設、医療機器です。
これらを扱うのは確かに長いブランクの後では難しいでしょう。
でも以前働いていた時の患者さんや医者とのコミュニケーションのノウハウ。これは若者には負けないはずです。
自分のそういったノウハウを活かすことができる職場で働くべきで、そんな職場を見つけるには看護師転職サイトの情報が必要です。
復職を考えている看護師をサポートしてくれるのかどうか。あらかじめそういった情報を集めておきましょう。


研修に参加して新しい技術に対応する

最近増えている、そんな再チャレンジを考えている方のために、
全国の医療機関では電子カルテなど新しい技術に対応するための研修を行っている医療機関があります。
いきなり職場復帰するのではなく、まずはこういったところで新しい技術を学んでから、実際の現場にカムバックしましょう。
新しい技術に追いつくのは難しいとしても、あなたが今まで気づいてきたキャリア、学んだキャリアはかけがえのないものです。
こればかりはセミナーや研修ではえられないもの。いつの時代も普遍的に復職を考えているナースを助けてくれるものです。


次のページへ:看護師転職サイトVSハローワーク