看護師と人間関係

いつも、どんな時代の看護師も転職理由の上位に入ってくるのが人間関係の問題
男性の看護師が増えてきたとはいえ、まだまだ女性が9割を占める看護師業界。
やはり男性と女性が良いバランスで混ざっていたほうが、人間関係は円滑に進むのでしょうか…。
もちろんそれ以外の問題もあるのでしょうが。
看護師は患者の命と密接にかかわる仕事。一つのミスが命取りになってしまうこともあります。
153637
それを無くすために、先輩、上司が厳しくそのミスを追及する。これが重なるとたえられない新人も出てくる。
これによって新人看護師が3年以内にやめてしまう、なんてことは珍しくもなんともない話です。
どんな職場にも人間関係の摩擦はあるものの、この業界は他の業界よりもそれが顕著です。
そこにはどんな背景があるのでしょうか。


看護師としての観点の違い

看護師として働く人の年齢層は広いです。
女性が多いとはいうものの、同じ女性だからこそその違いに戸惑うもの。
年代が違うとライフスタイルも趣味も、物の価値感も違ってきます。
最近は一度職を離れた看護師が時間が経ってから再び職場にもどってくるという話も珍しくなくなりました。
082245この間まで学校に通っていた20代前半、下手したら10代の若者とそのような年齢層が高い看護師の話題が会うはずがありません。
看護師の仕事はチームで行うもの。このチーム内で生じた問題がそのまま人間関係の衝突につながってしまうことも珍しくありません。
そんなギスギスした職場でずっと仕事を続けていれば転職を考える看護師も出てきてしまうものです。
そして今よりもっと良い環境で働きたいのなら、看護師転職サイトを使ってください。
転職サイトが調べてきた職場環境を参考にしながら転職活動をすすめることにしましょう。
働き始める前にその職場は人間関係に何も問題の無い良い職場だという事を知っていれば安心ですよね。


プライベートが尊重されている職場を探す

辛い仕事の中で重要なのは、どれだけプライベートが充実しているかということ
どれだけきつい勤務の後でも自分の、自分のためだけの時間が充実していればそれだけで癒されたような気持ちになりますよね。
問題はその充実したプライベートの時間が確保できるか。休日の設定はしっかりと定まっているか。
残業が多いとしても、その時間は残業手当がきちんと支払われるのか。研修は参加必須なのかなどしっかりとチェックしておくべきです。
働く前にこれらの情報を把握しておくことが大切で、転職前にこれらの情報を知りたければ転職サイトならしっかりこれらの情報を知ることができます。


次のページへ:復職を考えている看護師の方へ