看護師さんが面接で言っていい転職理由とダメな転職理由

看護師

転職時に面接官からよく聞かれる質問に「転職理由」が挙げられます。転職回数の多い看護師さんだからこそ、病院もあなたの転職理由が気になって仕方ないのです。そしてこの転職理由ですが、本音と建前があるのをご存知でしょうか?今回は看護師さんが面接で言っていい転職理由と良くない転職理由についてご紹介します。


転職理由の本音と建て前は異なる

正直にお伝えすると、看護師さんの転職理由で本音を言ってはいけない場合があります。面接官に直接伝えると印象が良くない転職理由もあるのです。しかし、反対に好印象を受ける転職理由があるのをご存知でしょうか?今回は、転職前に知っておくべき「伝えていい転職理由」と「伝えてはいけない転職理由」をご紹介します。


面接官に伝えてOKな転職理由

まずは、面接官に伝えても良い転職理由をご紹介します。ここでご紹介する3つの転職理由は志望動機にもつなげることができます。この転職理由に当てはまる方は不安がらずに自信を持って面接官に伝えましょう。
当てはまらない方は次章で対策方法をご紹介するので、そのまま読み進めていただければと思います。

スキルアップのため

最も好印象、且つ志望動機にもつなげやすい転職理由が「スキルアップ」です。1つの職場に長く勤めている看護師さんもスキルアップはできます。しかし、病院によっては一定期間勤続年数を積んだらあとは「毎日同じ業務ばかりしている」「3年目の看護師と業務内容がほとんど変わらない」などマンネリ化します。

管理職としての立場で働く

転職すれば、「管理職の立場を見据えて部署を取りまとめる立場」などこれまで以上に責任の大きな仕事に携われることも。主任や看護師長など役職は、現在その地位に立っている方が退職しない限り就くことはできません。反対に、役職に就いていた方が退職したら募集をかけることが多いのです。

未知の分野に挑戦する

「未知の分野に挑戦する」つまり、これまでとは異なる科に転職する、もしくは病院以外の施設へ転職するということです。科の移動は、「内科から外科」、「精神科から小児科などイメージが付きやすいと思います。科によって患者さんの特徴も異なりますし。コミュニケーションの取り方や働く方の価値観も異なります。
病院以外への転職は、訪問看護師やデイサービス、ツアーナース、助産師などが挙げられます。例えばツアーナースは、修学旅行や団体旅行に同行して、体調不良の方に対応する看護師さんです。病院にいるだけでは接することのなかった教員や修学旅行生などとコミュニケーションを取るため、これまで以上にコミュニケーション能力が磨かれます。

病院以外への転職は今後の新しいキャリアとしても、また看護師に戻るとしても、いずれの場合も役に立ちます。病院で働くことが全てではありません。これを機に、看護師としてのキャリアを考え直してみてはいかがでしょうか?

育児が落ち着いたため

女性が多い職業柄、結婚・出産を機に看護師を退職する方が多いです。それに伴い、出産・育児期間を経てた看護師さんが復職することも珍しくありません。その際、転職理由に「育児が落ち着いたから」「看護師としてのキャリアをもう一度積もうと考えているから」と答えるのは問題ありません。
しかし、一定期間のブランクを経ているママさんナース。即戦力が求められる忙しい病棟への転職は難しいと思います。ブランクを経て転職する場合は、ママさんナースの多い職場へ転職することをおすすめします。

旦那様の転勤のため

旦那様の転勤が理由で転職を余儀なくされる看護師さんも多くいらっしゃいます。その場合も面接官にマイナスイメージを抱かれることはないので転職理由は正直に伝えましょう。転勤となると、馴染みのない地域へ引っ越すという方も多いと思います。その際は看護師専用の転職サイトを利用しましょう。全国に営業所を構えている転職エージェントが多いので、初めての土地でも様々な病院の情報を共有してくれます。


面接官に伝えない方が良い転職理由

続いて、面接官に伝えない方が良い転職理由をご紹介します。

人間関係が悪かったため

転職理由として最も多い原因でもある「人間関係」。辛くて二度と同じ思いはしたくないという方も多いと思います。しかし、転職理由として伝えるには好ましくありません
看護師は「生命と隣り合わせの業務に携わっていること」、且つ「女性に多い職業」です。そのため、最初は上司から厳しく指導されることが多いでしょう。しかし、あなたを指導する上司も、これまで散々厳しい指導をされながら働いてきました。
実際には耐えられない辛い思いをしてきた方でも「人間関係で退職した=忍耐力がない」とマイナスイメージを抱かれます。あなたの本来の魅力を損なわせないためにも、人間関係を転職理由にするのはおすすめできません。

給料アップしたいため

人が生き抜くために、お金の問題は切り離すことはできません。また、労働環境が過酷な分、それに見合う給料をもらいたいという方も多いと思います。残業代が出ず時間だけが奪われるなんて納得いかないですよね。
「給料アップしたい」は「スキルアップしたい」に置き換えて、転職理由を伝えましょう。


まとめ

「どうせ転職理由でしょ?そのまま伝えればいいよね!」と考えていませんか?たしかに、思ってもいないことをペラペラと話すのはよくありませんが、何でも正直に話せばいいというわけではありません。面接官は、転職理由を志望動機と同じくらい重要視しています
今回は転職理由ということで、「転職先の面接官」へ伝える場合を想定しました。しかし、現在も働きながら転職活動を行っている方は今の職場への退職理由としても伝えることができます。
看護師不足が深刻な医療施設なら尚更この転職理由を伝えてみると良いかもしれませんね。