あなたはどのタイプ?転職で参考にしたい看護師さんの志望動機の書き方

志望動機

看護師さんが転職する際に必ず質問されるのが志望動機です。志望動機には「あなたが医療施設に転職したい理由」の他に、あなた自身のアピールポイントも含まれます。それだけでなく、これまでの経験に基づいた看護観、今後のキャリアプラン、目標も志望動機に含まれることも。
これだけ見ると、「志望動機ってなんだか複雑で難しそう…」と考える方も多いかもしれません。しかし、志望動機で最も重要なことは「あなたが病院にどのように貢献できるかを証明する」ことです。これが病院側に伝わればあなたの採用率はグッと上がります。
今回は採用率がグッと上がる看護師さんの志望動機の書き方をご紹介します。志望動機以外の項目についてはこちらの記事をご覧ください。⇒『転職するなら知っておきたい看護師さんの履歴書マニュアル


良い志望動機を書く3つのポイント

ポイント

看護師さんが良い志望動機を書くポイントは大きく分けて3つあります。

① あなただけの病院の情報を集める

まずは、自分で病院の情報について考えることです。あなたはどのように病院の情報を集めていますか?コーポレートサイトに行けば、病院の理念や目標は大まかに把握することはできるかもしれません。しかし、それだけではあなただけの情報ということはできませんよね。
病院訪問を行い、働いている看護師さんの意見を聞く。ここで初めて、あなただけの情報が完成します。病院訪問は病院に直接連絡して交渉してみましょう。

病院訪問以外の情報収集方法は、看護師専用の転職サイトを利用することです。看護師専用の転職サイトをに登録すると転職コンサルタントの転職サポートを無料で行うことができます。転職コンサルタントは病院側と密にコミュニケーションを取っています。そのため、コンサルタントから病院の情報を聞くことができたり、転職コンサルタントを介して病院への質問もすることができます。自分一人で病院訪問するのは気が引けるという方におすすめの方法です。

② あなたのキャリアや強みをまとめる

かと言って、病院の情報だけ集めればいいという訳ではありません。それと同じくらい大切なのはあなたのキャリアや強みをまとめることです。採用担当者は「自分どのどのような人間か」「なぜこの業種なのか」「なぜこの病院なのか」を知りたがっています。その際に、「自分にはこのようなキャリアや強みがある」「だから、転職したらこのように貢献できる」ということをわかりやすく伝えましょう。あなたが採用するに値する人間であることが伝われば採用率がグッと上がるのです。

③ 病院とあなたのビジョンをすり合わせる

あなたが採用に値する人間であることが伝えるためには、病院とあなたの目標が同じ方向に向いている必要があります。志望動機はあなただけのことを書いていてもだめですし、病院だけのことを書いていてもいけないのです。

例えば、たまに「貴院の〇〇な理念に共感を持って…」「教育制度が充実していて…」などダメな志望動機を見かけます。そのような志望動機は大半が一方通行な志望動機になっているです。繰り返しになりますが、志望先である病院と転職者であるあなたのバランスが重要ということです。


看護師さんのタイプ別で考える良い志望動機の書き方

書き方

続いて、タイプ別で考える看護師さんの志望動機についてご紹介します。ここでご紹介する志望動機は転職先の特徴です。そのまま引用するのではなく、参考程度にご覧いただければと思います。

急性期病棟に転職する際の志望動機

急性期病棟に転職する看護師さんは、スキルアップしたい気持ちを前面に伝えましょう。他の転職先に比べてハードな働き方が求められる急性期病棟。やる気と前向きな気持ちを前面にアピールするのが効果的です。

「急性期病棟で5年間勤務していましたが、地域の中核病院として最先端の医療を担っている貴院で働くことで経験を活かしつつ看護師としてさらにスキルアップしたいと思い志望しました。」

「貴院はクリニカルラダー制度など教育制度が整っていて、 中途採用でもプリセプターをつけてくださるなど しっかりサポートしていただけるとのことで、 貴院であれば看護師として 着実にスキルアップしていけると考えます。また、24時間対応の託児所があり、 育児中の看護師も多数働いているとの情報を聞きました。育児と仕事を両立しやすい環境であることも魅力に感じ志望しました。」

療養型病棟に転職する際の志望動機

療養型病院は急性期病棟に比べて、ハードな労働環境ではありません。そのため、以前急性期病棟で働いていた方が、働き方を見直して療養型病院を転職先に選ぶことも多いのです。療養型病院は急性期病棟に比べて患者さんとじっくりかかわることができるという特徴があります。

「これまで様々な症例を見てきた看護師としての経験を活かして、今後は患者さん1人1人に時間をかけて向き合っていきたいと思います。患者様本位の安全医療を掲げている貴院でならしっかり腰を据えて看護に集中できると思い志望しました。また、近年急増している在宅問題を見据え、急性期病棟での経験を活かしていきたいです。」

クリニックに転職する際の志望動機

これまで病棟で働いていた方なら残業や夜勤のある方が多かったと思います。しかし、結婚・出産などのライフステージや、体調不良などの心身の変化が生じたい際、働き方を改める方も多いです。

「以前病棟で働いていた際、定期検診の立場から忙しく受診できずにいたり、少しくらい大丈夫だろうと思っている方に、定期検診の大切さを啓蒙したいと思うようになりました。 貴院はきめ細やかな検診を行い、異常が見つかった場合にも各分野の専門医を受診できる体制が整っていることに魅力を感じ志望致しました。
自覚症状が出る前なら早期発見に繋がること、早期に治療を開始する事で肉体的にも精神的にも負担が少なくて済むことなどを伝えながら、安心して受診していただくためのサポートを行いたいと思います。」


まとめ

看護師

看護師さんが転職を行う際、志望動機とは切っても切り離すことはできません。志望動機を考えるのを億劫がっていた方でも、「自分が志望先でどのように貢献できるか」を伝えられれば問題ありません。そのためには、病院の情報はもちろん、あなた自身のキャリアやスキルについても考えることがポイントです。
病院訪問を行う、看護師専用転職サイトでコンサルタントのサポートを受けるなどして、効率的且つ正確な情報を得ましょう。