看護師の転職!夜勤なしで働くと給料は下がるの?

看護師、夜勤

看護師は悩みが多い職業の1つです。人間関係の複雑さ給料に対する不満、ハードな勤務形態など…様々な理由で転職に踏み切ります。(看護師に多い人間関係の悩みについてはこちらの記事をご覧ください。⇒『看護師を悩ます職場の人間関係!解決するための方法
今回は看護師の働き方の悩みの1つ、夜勤についてご紹介します。


看護師は精神的にも体力的にもハード

看護師は女性に多い職業であるといっても働き方は非常にハードです。「患者さんの命を預かる仕事」「女性が多く人間関係が複雑な職場」ということもあり精神的に疲労が蓄積されやすいです。
しかし、走り回ったり患者さんの身体を支えたりと、体力的にもハードな仕事であると言えます。

夜勤に悩む看護師は多い

そんな中、多くの看護師の方を悩ませているのが夜勤です。人手不足が深刻な病院も多く、日勤で残業した後十分な休息が取れないまま夜勤に入ったり、夜勤明けほとんど眠れないまま午前中から日勤に入ったりと、体調を崩すまで働く看護師の方が多いのが現状です。


夜勤のない転職先のデメリット

しかし、夜勤なしで働くときに注意しなければならないこともあります。
夜勤なしで働くのにはデメリットもあるのです。

日勤のみの看護師は給料が低い

看護師が他業種に比べて給料が高いと言われているのは夜勤手当があるからです。残業手当、深夜勤務手当、当直手当が給料の大部分を占めています。

看護師の夜勤手当は2交代制で11000円、3交代制の準夜勤で4000円、深夜勤で5000円となっています。
週に1回、月に4回夜勤に入れば、

  • 2交代制     → 11000円×4回=44000円
  • 3交代制の準夜勤 → 4000円×4回=16000円
  • 3交代制の深夜勤 → 5000円×4回=20000円

この金額が給料に上乗せされます。これを年収で考えると、最大52万円分が夜勤手当でついてくることになります。

夜勤がない病院はそれなりに給料も減るということを知っておかなければなりません。


日勤のみで高収入が得られる職場に転職する

では夜勤のなしで働く場合、できるだけ高収入が得られる転職先を探したいですよね。
ここでは、日勤のみで高収入が得られる3つの職場をご紹介します。

自由診療クリニック

自由診療クリニックは日勤で働ける医療機関の中でも最高クラスの給料の高さを誇っています。その中でも求人数が多いのが美容外科クリニックです。

美容外科クリニックは月収30万円が一般的と言われています。ボーナスを含めると、年収550~600万円程度は稼ぐことができます。
この年収額は夜勤で働く看護師の平均年収と変わりありません。
日勤のみでこれだけ稼ぐことができたら文句はありませんよね。

訪問看護ステーション

訪問看護師とは患者さんの自宅で看護を行う職業です。訪問看護師も、年収450万円前後と、日勤のみで考えると高収入の職業です。夜勤はありませんが、休日出勤やオンコール出勤がある訪問看護ステーションはあります。
その場合、しっかりと休日手当やオンコール手当が支給されるので、訪問看護師として年収500万円以上稼ぐ方もいます。

産業看護師

産業看護師とは、企業の医務室に常駐し、従業員の健康管理や相談、アドバイスを行う職業です。月収は25万円~50万円と幅広いですが、大企業の産業看護師として働く方で年収700万円程度稼いでいる方もいます。
企業の一従業員として働くので、福利厚生がしっかりしていることや企業の発展に貢献できることがメリットです。病院勤務とは異なるやりがいを感じられるはずです。


日勤のみでも正社員になれる転職先が増えている

一昔前までは、病院で正社員として働く場合夜勤ができることを条件としていましたが、最近は夜勤ができなくても能力の高い看護師を確保する病院も増えています。
しかし、まだまだ転職では夜勤のできる看護師を優先して採用する病院が多いです。

「夜勤なし」の職場は転職サイトで見つけましょう

「夜勤ができる看護師を優先して採用されてしまってはなかなか転職先が決まらないのでは?」と考える方もご安心ください。
転職サイトを利用すれば、条件の良い夜勤なしの転職先を効率よく見つけることができます。
転職サイトに登録すると、コンサルタントの転職支援サービスも受けることができます。
条件に見合った求人を紹介してくれることはもちろん、病院の内部情報を教えてくれて、履歴書の書き方、面接のアドバイスも行ってくれます。

転職は一人で行うものではありません。
「夜勤なし」の転職先を見つけて、あなたの看護師としての第2の人生を歩み始めましょう。