失敗しない看護師の3つの転職方法

看護師

看護師さんは「転職方法」によって良い求人に巡り合えるかどうかが決まります。看護師は深刻な人手不足により、他職種に比べて転職しやすい職業と言われているのをご存知でしょうか?しかし、「転職しやすい」という事実はメリットばかりではありません。「転職しやすい=希望の医療機関に転職しやすい」と考えるのは大きな間違いなのです。
あなたはどのような方法で転職しようと考えていますか?もしかしたらその転職方法が失敗を招く原因になるかもしれません。今回は成功する看護師さんの転職方法についてご紹介します。


① 自分で探す・知人から紹介してもらう

看護師

まずご紹介するのは、転職サイトやハローワークなどの求人媒体を利用しない方法です。転職サイトを利用するにしても、どのサイトを利用するか選ぶだけで一苦労ですよね。こ自力で探す、知人から紹介してもらう方法は、上手くいけば最短で転職先を決めることができます。

自分で探す

今すぐ始められる方法として片っ端から病院のコーポレートサイトを調べる方法です。転職サイトや求人広告に掲載できない小規模な医療機関も見つけることができるという点がメリットです。しかし、探すだけで時間がかかることや医療機関の担当者と直接、面接などの日程調整を行わなければならないという点でデメリットです。1社で採用まで決まればいいのですが、複数社に応募することを考えると少々効率が悪いかもしれませんね。

知人から紹介してもらう

続いて、転職先を知人から紹介してもらう方法です。知人から紹介してもらうため、医療機関の内部情報まで知ることができます。入社前と入社後のギャップが生じにくいという点がメリットですね。しかし、転職したいタイミングに知人の医療機関が都合よく募集しているか分からない、万が一辞めたいと思った場合友人関係まで壊れかねないという点でデメリットが生じます。


② ハローワーク・ナースセンターに登録する

登録

ハローワークは看護師に限らず様々な職業の紹介を行っている公共職業安定所です。公的機関であるため安心感もありますし、全国に対応しているため、多くの求職者がハローワークを利用しています。事務員は転職支援のプロですが、看護業界に精通しているわけではありません。病院の詳しい内部情報が知りたいならば、ハローワークよりもナースセンターを利用するのがおすすめです。

ナースセンターとは日本看護業界が運営している看護師さん専用の転職サービスです。求人情報を紹介してもらうことはもちろん、Web上で紹介されている求人から興味のある求人を選ぶこともできます。日本看護業界は歴史が長く、信頼感があります。

しかし、ハローワークもナースセンターも掲載されている情報が限られています。求人数が豊富という点で利用者も多くいますが、地域によっては看護師の求人がほとんどない場合もあるため注意が必要です。


③ 看護師の転職サイトに登録する

看護師、転職コンサルタント

看護師さんの転職方法でおすすめなのが、看護師に特化した転職サイトへの登録です。看護師の転職サイトを利用するメリットとして次のことが挙げられます。

  • 転職コンサルタントの支援を受けることができる
  • 求人の内部情報を詳しく知ることができる
  • 面接や履歴書のアドバイスももらうことができる
  • 好条件・高収入の非公開求人を紹介してもらえる

転職コンサルタントの支援は転職サイトに登録したら無料で受けることができます。転職コンサルタントとは、あなたの転職のパートナーです。これまで何人もの看護師さんの転職に携わってきているため、転職のプロであることはもちろん、看護業界のプロでもあります。
転職は何度行っても不安が付き物ですよね。そんな看護師さんの心強い味方になってくれる転職コンサルタント。転職成功のキーパーソンになってくれること間違いなしです。


看護師さんが転職に成功するための2つのポイント

時期、タイミング

転職を成功させるためには、転職先を探す方法にこだわるだけではだめです!今章では転職を成功させるためのポイントを2つご紹介します。

① 転職の時期を見計らう

一つ目は転職の時期を見計らうことです。つまり、タイミングを考えながら、転職活動を開始する時期や退職する時期を考えるということ。辞めたいと思ったからと言って、すぐ転職すればいいという訳ではありません。
看護師さんが転職するのに最適な時期は次の4つです。

  • 3月(新卒の入職時期)
  • 7月(夏の賞与後)
  • 9月(病院の期の変わり目)
  • 12月(冬の賞与後)

ご紹介した4つの時期は、「退職する看護師さんが多い」、また「募集開始する医療機関が多い」という点で条件の良い転職先が増えます。3月は特に新卒看護師さんと同期で入職できるため、教育体制が整っている医療機関が多いです。

② 円満退職を心がける

転職するということは、同時に現在の職場を退職しなければならないということです。いろんな思い出があると思いますが、最後くらいは円満に退職したいですよね。ポイントは余裕を持って退職するということです。退職する1か月から2か月前には上司に退職届を提出しましょう。
その間に採用活動を行って人員を埋める、同僚看護師に引継ぎを行うなど穴を埋めるために行動できます。「退職届を提出してから働くまでが憂鬱すぎる…」と思う方もいるかと思いますが、突然退職届を提出された方が何倍も迷惑です。円満退職はまず不可能と思いましょう。


まとめ

看護師さんの3つの転職方法と、転職を成功させる2つのポイントをご紹介しました。常勤看護師さんの7人に1人、新人看護師さんの10人に1人の看護師さんが毎年転職している看護業界。転職者の人数分だけ転職のサポート体制が整っています。
現在転職を検討されている方は今回ご紹介した転職方法とポイントを意識して行動してみましょう。失敗しない看護師の転職については『看護師さんの転職失敗事例と失敗しないためのポイント』もご覧ください。