看護師の転職フェアとは?ポイントを押さえて転職成功率をアップ

看護師

マイナビやリクナビを始めとした大手人材紹介会社が開催する転職フェア。新卒・中途・業種問わず様々な就職フェアが全国各地で開催されています。そして、その一つに看護師さん専用の転職フェアも行われています。
はっきりと申し伝えたいことは、「転職フェアは一度は参加するべき」ということです。「自分の興味ある医療機関は来ないから…」と言って、これまでないがしろにしていませんでしたか?この記事をご覧いただければ看護師さんの転職フェアがいかに貴重な場であるかがお分かりいただけるはずです。


看護師さんが転職フェアに参加するメリット

看護師さんが転職フェアに参加するメリットは3つあります。「人が多くて説明がちゃんと聞けないんじゃない?」とネガティブなイメージを抱いていたあなたもこれを見れば参加する意義が分かるはずです。

一度に多くの医療機関の説明を聞くことができる

最大のメリットは一度に多くの医療機関の説明を聞くことができるという点です。医療機関ごとに開催されている説明会は1施設2時間ほど時間を拘束されます。また、医療施設間を移動するのにも時間がかかりますよね。転職フェアで多くの医療機関の説明を聞いて、興味を抱いた医療機関だけ個別の説明会に行く方が効率的ですよね。転職フェアは一日中あるいは半日開催されているので、複数社の説明を聞くことができる、あるいは途中入退場も可能です。

転職サイトと併用することでイメージしやすくなる

大手人材紹介会社は転職サイトを運営していることがほとんどです。そのため、出展する医療機関を調べておけば転職サイトで事前にチェックすることができます。ネット上で入手できる情報はごくわずか。だからこそ、どの部分に興味を持ったのかどんなことを聞きたいのかを考えることができます。

選考前に転職先候補の雰囲気を掴むことができる

「興味がある」の段階で、人事担当者や先輩看護師と直接話すことができる機会は滅多にありません。ましてや顔も名前も知られてしまえば、質問する内容にも気を遣ってしまいますよね。しかし、転職フェアではブースに訪問したからと言って、選考に繋がることはあまり考えられません。まだ「興味ある段階」だからこそ聞くことができる質問がありますよね。
また、働いている方の雰囲気を掴むことができることも転職フェアならではのメリットと言えるでしょう。


看護師さんが転職フェア前に押さえておきたい3つのポイント

看護師さんが転職フェア前に押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。ポイントを押さえてブースを回ることで得られるものも大きくなります。同じ時間を使うなら効率よく回りたいですよね。

① 興味のある医療施設をチェックしておく

まず、興味のある医療施設をチェックしましょう。出展医療施設は転職フェアのホームページから確認することができます。ここで調べているのといないのとでは当日の回り方に大きな差が生じます。
また、ブースを回る順番も重要です。人気企業は最初に回りましょう。人が増えてきた段階で参加すると順番待ちすることもあります。

② 聞きたい質問を考えておく

転職フェアでは、ブースを訪問したら必ず質問しましょう。ただ話を聞いているだけでは得られる情報も他の人と同じであるため、ライバルと差をつけることができません。志望動機の参考になるような情報が得られるように事前に質問を考えておくことが重要です。
面接官が好印象を受ける志望動機の作り方についてはこちらの記事をご覧ください。⇒『』

また、転職フェアは選考には直結しないことがほとんどです。有休取得率、給与、働きやすいさ、産休育休についても積極的に質問してみましょう。

③ 必ずペンやメモ帳を持参する

医療機関ごとにパンフレットや資料をもらうことはできますが、重要なのは会話から発せられた自然な言葉です。転職サイトでは担当者の口から思いがけないヒントを掴むこともできます。
全てがヒントだと思って、いつでもメモできるような状態にしておきましょう。


まとめ

転職サイトは効率的に医療機関の情報を集めることができます。転職先を見つけられなかったとしても、多くの方のお話を直接聞くことで幅広い視野で転職活動に取り組むことができるでしょう。実際の採用面接よりもカジュアルでリラックスした雰囲気で質問できる転職フェア。ここでは遠慮せずに聞きたい情報を漏れなく集めましょう。
また、看護師仲間と参加することもできます。人前で質問することが苦手という方も、周りの方の質問を聞くことができます。転職フェアでは先輩看護師さんの相談ブースも設けています。本来なら心細くて不安でいっぱいな転職活動も、ここでは少し力を抜くことができるかもしれないですよ。