看護師がクリニックに転職するメリット・デメリット

大きな病院に通っている看護師さんなら、一度はクリニックへの憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか?病棟勤務ならではのメリットがある分、大変なことも多いですよね。有名なドクターのいる病棟ですら、看護師さん不足に頭を悩ませています。

クリニック

看護師さんを募集して入職したとしても、「人手不足⇒劣悪な労働環境⇒看護師さんの離職⇒人手不足⇒劣悪な労働環境⇒看護師さんの離職・・・」この繰り返しで一向に安定しない病棟もあります。
劣悪な労働環境に耐えられず、クリニックへ転職する看護師さんもたくさんいます。あなたもその一人なのではないでしょうか?しかし、転職する前にクリニックでどのような働き方ができるのか確認しなければなりませんよね。今回は、看護師さんがクリニックへ転職するメリットとデメリットをご紹介します。


看護師さんがクリニックに転職するメリット

看護師、メリット

まずは、看護師さんがクリニックに転職するメリットをご紹介します。

土日休みで夜勤や残業が少ない

最大の魅力はプライベートな時間が確保できるという点です。クリニックの休診日は歴通り。そのため、土日祝日はしっかり休むことができます。家族との時間を持ちたい方や趣味に没頭したい方にはおすすめの働き方です。

患者さんとの距離が近い

クリニックは患者さんとの距離が近いことも特徴です。クリニックは病棟に比べて規模が小さく、地域に密着しています。決まった患者さんが来院することが多いため、患者さんとコミュニケーションがとりやすい環境なのです。また、看護師を含めスタッフの人数も少ないため、患者さんも顔と名前を覚えてくれることもあるでしょう。病棟勤務のような慌ただしさもないため、患者さんとゆったりとコミュニケーションをとることができます。

人数が少なくチームワークが良い

クリニックは人数が少なく、チームワークが良いです。コミュニケーションをとる人が限られることに鬱陶しさを感じる方もいるかもしれませんが、病棟での人間関係に嫌気がさしていた方にとっては心地よく感じるでしょう。


看護師さんがクリニックに転職するデメリット

看護師、デメリット

いかがでしたか?続いてはクリニックに転職するデメリットをご紹介します。

院長の独断で方針が変わる

クリニックは規模が小さいため、院長が経営者を兼任していることが多いです。看護師を含めスタッフの人数も少なく、経営側の仕事をするのは院長だけというクリニックも少なくありません。そのため、院長の独断で突然方針や業務形態が変わることもあります

看護業務以外の雑務が多い

看護業務以外の雑務が多いのもクリニックのデメリットです。例えば、受付から電話対応、朝の掃除や片づけまで全て任されることも。クリニックにいるだけでは看護師としてのスキルは上がりにくいため、今後病棟に戻りたいと考えている方はクリニックへ転職する目的をもう一度見直しましょう。

給料が下がることが多い

クリニックは夜勤や残業が少ないため、その分給料もダウンします。看護師の方が女性の中で給料が良いと言われている理由は夜勤や残業手当がつくためです。給料が下がったことにより、やりがいも見失ってしまうこともあります。クリニックは病棟勤務とは働き方が異なるからこそ、給料や待遇も変化することを知っておくとショックを受けにくくなります。


看護師さんがクリニックへ転職する際のポイント

注射、採血

続いては、看護師さんがクリニックへ転職する際のポイントをご紹介します。

診療科を適切に選ぶ

クリニックは病棟よりも規模が小さい分、1つあるいは2つの診療科に絞っているところが多いです。そのため、どの診療科のクリニックに転職するかで仕事内容が全く変わります。給料や待遇ばかり気にして、希望以外の診療科に転職してもやりがいが見いだせず長続きしません。内科、小児科、皮膚科、人工透析など、クリニックには様々な診療科があります。あなたのキャリアや今後のビジョンを見据えて希望の診療科へ転職しましょう。

勤務時間を確認する

勤務時間を確認する際のポイントは、診療時間と残業時間の有無です。全てのクリニックの診療時間が朝から夕方までとは限りません。繁華街のクリニックは会社員の方に合わせて23時まで診療しているところもあります。また、クリニックの中には残業が頻繁にあるところも。特にインフルエンザや花粉の時期は患者さんの来院数が増え残業が多くなります。
残業が少ないクリニックへ転職を希望している方は、あらかじめ来院患者数が決まっている予約診療制のクリニックをおすすめします。

院長との相性を見極める

クリニックで看護師の方が気持ちよく働くことができるかどうかは院長の人柄や性格にかかっていると言っても過言ではありません。クリニックは経営者である院長が大部分の権限を握っているため、働く上で欠かせない存在になります。その院長が温厚で人柄の良い性格であれば働きやすいのですが、短期で理不尽な性格の持ち主なら職場の雰囲気は最悪でしょう。
共に働く看護師さんとの人間関係も気になりますが、まずは面接の段階で院長の人柄を観察しましょう。


まとめ

クリニック、看護師

患者さんとの距離が近く、プライベートな時間を大切にしながら働くことができるクリニック。同じ看護師でも病棟とは環境が全く異なります。それはメリットもあればデメリットもあるということです。
クリニックへの転職が初めてで右も左もわからない方は、看護師専用の転職サイトへ登録することをおすすめします。⇒『看護師転職サイトランキング